Home Profile Work Blog Contact
ドナドナ | tami's note
Illustrator
ドナドナ
友人とお出かけした先週末。

それは、友人をピックアップした直後の出来事でした。


「煙が出てるよ!!!」

見ると、
ミニのボンネットからモクモクと白い煙がぁぁぁ〜

あわわわわーーー

あわてて
ハザードだして、すぐにエンジンを止めました…

しかし、停めたそこは、都内の大きな駅前交差点内。行き交う車に横断する人々…
かなりかなり迷惑な状態。

とりあえず女子ふたりで車を寄せてみましたが、駐車車両があったりとうまく寄せきれず…
見かねてか、通りすがりの若い兄ちゃんたちが安全な場所へ寄せてくれました。
ぁぁ世の中、まだまだ捨てたもんではないねぇ〜。って感心している場合ではないのだ。

そしてエンジンを停めて白煙もおさまったミニ。
ボンネットを開けるとラジエーター液が噴き出しているのか?飛び散ってぬれています。
けれど、ラジエータキャップや本体を見ても、モレてる形跡なし。
なんでぇ〜〜??どこがぁ〜〜??

試しにエンジンかけてみたら?友人のアドバイス。

かけてみるとーーーーー

ああああ!!ケツレツゥー決裂しとりますよ!ココ…















さてはて、どうしよう…この場で応急処置なんてできるのだろうか…
車に詳しい友人に電話し状況を説明したところ、ものの数分で
駆けつけてくれました。おぉ〜まるでスーパーマン!

結局、ホース内の部品が折れていてこの場ではどうしようもないことが判明。
近くの専門店まで、ドナドナの運命となりました。

たまたま先週、手厚いロードサービスに入会したばかり。
さっそく使うことになるとは〜〜
けど入っていてよかったぁ。

走行10万キロ越えのミニですが、レッカーは初めて。  
   
   哀愁の後ろ姿 かわいそくん→



こんなことになってしまい、今日の予定は残念だけどあきらめるかぁ〜と思っていたところ
友人二人ともレッカーについて専門店まで一緒に来てくれると…
寒空の下、長時間立ち往生したにもかかわらず、さらにそこまでつきあってくれるなんて
なんて優しい友たちなんでしょう〜〜ウルウル

揃って専門店へ向かいました。
ホースなどを部品を交換し、
40分ほどで完了。

ツヤツヤした黒いのがNewホース。











駆けつけてくれた友人とはそこで別れ、さっそく直ったミニで目的地へ〜〜GOGO!

長い長〜い一日となりましたが、
手助けしてくれた通りがかりの人や、心配して声をかけてくれた人、丁寧なレッカーのお兄さん、そしてまる一日つきあってくれたふたりの友人。
たくさんたくさんLOVEを受け取った一日でした。

ありがとぉぉぉぉう!

教訓「乗る前にボンネットを開けてみよう」
…え?ミニなら当たり前やって?
 
車・バイク
<< NEW | TOP | OLD>>
フリーパス制